2016年9月18日日曜日

中秋の名月

 9月に入ってからは雨とドン曇りで天候の悪い日が続いていました。 だが、幸いにも中秋の名月の15日だけは晴れ間が覗き、自宅前からでしたが名月を撮影(できればばススキがあればよかったが…)できました。  

9月15日 中秋の名月


 9月17日、この時期になってもまだモンキアゲハ(上)とカラスアゲハ(下)と思われる5齢幼虫が活動していてサンショウの葉を食べていた。


モンキアゲハと思う 4齢幼虫


2016年9月5日月曜日

つながりトンボ アキアカネ


 残暑が厳しい~
ここ数日は草取りに追われている。 例年ならば、日中の気温は28度を超えることはほとんどないのだが、台風通過後は連日30度を超えている。 今日は32度、あまりの暑さで草取りは中止だ。
明日からは、依頼された庭の選定作業があるので、涼しくなってほしい。

実家の田んぼを見回る。 バインダーでの刈り取り(米を分けてもらうため)は私の役目なので、穂の出来を見てきた。 刈り取りまでは あと10日ほどと思われる。 田んぼ上ではトンボが飛び交っていたので、アキアカネの つながりトンボを撮る。


黄金色に色づいた実家の田んぼ

穂が垂れて 刈り取りが近い稲穂

アキアカネのつながりトンボ

庭先でオオウラギンヒョウモンが飛び交う



2016年8月29日月曜日

秋 花と昆虫


 台風を前に、時々晴れ間が覗く小雨の今日。 晴れ間に、草を取りながら畑や家の周囲をぶらりぶらり。 草を引っこ抜いていたら、目前に蜂と巣が目に入る。 30センチほどの距離なのだが、幸い手や草が巣に触れることがなかったので襲いかかられることはなかった。 そのハチの巣はキアシナガで、オオスズメバチだったなら襲われていた事だろう。 そのハチの巣の画像と、庭で撮った「蝶」「トンボ」と「花」の画像をアップします。


刺されることもなく無事撮影 キアシナガバチと巣


キンミズヒキ


クサボタン


綺麗に赤みを帯びた カンボクの実


トンボが里に下りて舞う季節となった コノシメトンボ!?


サラシナショウマの花の蜜を吸いにやってきた蝶 アカタテハと思われる。アゲハチョウや
カラスアゲハなども飛び交ってはいるのだが、私の腕が未熟なので撮ることが出来ない




2016年8月23日火曜日

戻った暑さ


  お盆が過ぎてから続けてやってきた台風、各地で被害が相次いで起きているようで、岩手県内でも被害はあったようだ。 幸い我が家の周辺では大きな被害はなかった様子である。

17日、18日は最高気温が30度を下回ったが19日以降は再び真夏日が続いています。 暑さに慣れていない北国育ちの私、今後もこの暑さが続くようならば66歳になったこの体が堪えられるだろうか。 我が家は、エアコンも設置できない貧困世帯なので早く涼しくなってほしいと願うばかり。

好きな登山も節約のために控えてストレスが溜まってきた。 は~ ため息も出る


台風前、20日夕方5時30分頃の東の空


庭に咲くサラシナショウマの花  ショウマと名がついているがレンゲショウマや、
トガクシショウマとは花の形が全く違う


サラシナショウマの花をアップで


ついでに家の壁に這わせたアサガオの花


大きくなったので上半分を早春に切り取ったが 沢山の花が咲いたよ「サルスベリ」の花 



2016年8月18日木曜日

ヤマボウシの実が色づき始めた


 台風7号の影響で、安比川が増水して濁流となり避難指示が発令された地域もあったが 、幸い被害を免れたようだ。 お盆も無事終え暑さも一段落して秋の気配! 夜はコオロギが鳴き、庭のヤマボウシの実が赤くなり始めてきました。 


ヤマボウシ 今年は日差しが強く乾燥したためなのか
焼け落ちた葉が多かったが、実はしっかりとついている 


オンブバッタと思われるが おんぶ していなかった


近所の方からいただいたもの ハーブだと思う




2016年8月7日日曜日

アゲハチョウの5齢幼虫


 北国も8月に入ってからは連日31度~34度の暑さに見舞われています。
依頼のあった庭木の剪定作業、お盆前の剪定がまだたくさん残っていたので、7月29日からは休日なしで作業が続いていた。 この連日の暑さで体力を消耗し疲れもピークに達ていたので、6日と7日は休日。 今日はさらに暑く、午前10時の時点で早くも34度、エアコンの無い我が家ではちょいとつらい。 そんな中、22年目にしてボイラーが壊れてしまい、ここ数日はお風呂に入れないので温泉へ通う状況だ。 さらに災難は続いて、昨日は バックしてきた軽自動車に追突されてしまう。  なんという8月だ~  

8月1日朝にサンショウの木の葉っぱを食べている5匹のアゲハチョウの5齢幼虫を見つけ、そのなかの1匹を撮影。 ネットで調べたところ「ナミアゲハ」のようです。
また、家の周囲の庭木ではヒグラシやアブラゼミ、ニイニイゼミ、ミンミンゼミ が、互いに負けじと鳴き響いています。  撮影できたのはニイニイゼミとアブラゼミです。


8月1日の朝撮影のアゲハチョウの5齢幼虫


8月2日、家の前から撮った朝焼け


本日撮影、アブラゼミの雌を撮る


ニイニイゼミ 擬態?木肌と同じで見つけるのがたいへんだ




2016年7月29日金曜日

真夏日、ゴマダラカミキリムシが出現


 本日の最高気温が32度! やっと梅雨明け?なならいいけれど。 今日は、シルバー人材依頼の庭木の選定作業をしていて、作業開始時点で早くも28℃。 作業終了の午後4時30分まで終日 汗が滝のように吹き出す状態でした。 なんとか熱中症にはならずに済みました。

 そんな日の朝、庭のヤマボウシの木に大きな蜂が飛んで来たのでたたき落としたら、蜂ではなくゴマダラカミキリムシだった。 殺虫剤を嫌って極力使わない我が家では、以前から庭木や果樹、タラの木、などが被害に遭っていた害虫です。  どの樹木に産卵したのか? 被害が無ければいいのだが。


果樹など樹木の天敵 ゴマダラカミキリムシ


真夏日の本日の夕方の空 間もなく雨降りとなる


自宅前の道路脇の松葉草 


松葉草のピンク花


松葉草の黄花


ミソハギの花が咲いたよ 夏を飛び越えて もう秋?  


外来種 モントブレイアの花 


ウツボグサ


ヤナギラン


ギボウシ


ミズギク


池塘跡にはミズギクとギボウシの群生


ヤナギランの群生


ハクサンシャジン もしくはツリガネニンジン  高山か低山に生息するか程度の違いのようだ